バーベキューで食べ過ぎや胃もたれしたときの対処法 BBQレンタル東京店-

BBQレンタルTOPBBQお役立ち≫食べすぎ対策

BBQで食べ過ぎ、胃もたれ

トップ

バーベキューでよくありがちな、食べ過ぎで気持ち悪くなったり、胃もたれや急性胃腸炎になったら、、対処法をいくつかまとめてみました。

胃もたれの予防

◆牛乳を飲む・・・乳製品は胃の粘膜を保護してくれる役割があります。牛乳やヨーグルトを飲んでおくと、急激な胃酸過多による不快感を予防できます。

◆前日はたっぷり睡眠をとる・・・バーベキュー前日にワクワクして眠れない。準備が大変で眠れないなど、睡眠不足だと胃の不調になりやすくなります。睡眠はしっかりと摂りましょう。

◆早食いをしない・・・早食いやよく食べものを噛まないで食べると、胃にとても負担がかかります。よく噛んで、急激な早食いは、日ごろからなるべく避けましょう。

◆食べてすぐ横にならない・・・食べてすぐ寝ると、胃酸が食道まで逆流して、逆流性食道炎になりやすくなります。ゲップが多く、胃にガスがたまってしまう人は要注意です。最低でも食後30分以降に就寝するようにしましょう。

胃もたれの原因

◆油っこいものや食べ過ぎ、飲みすぎによる胃もたれ・・・肉や揚げ物など脂分は胃の中で分解しにくく胃に負担がかかります。これを大量に摂取すると、胃もたれがおこりやすくなります。

◆ストレスによる胃もたれ・・・ストレスは胃に弱く胃酸を多く分泌してしまうため胃の不快感やキリキリとした痛みが伴います。

急性胃腸炎の症状

最初は胃の不快感があり、食べ物を食べると気持ち悪さがでてきます。また吐き気が収まらなかったり、水を飲んだだけでも吐いてしまうのであれば急性胃腸炎の可能性も・・高熱が出ていたりする時は要注意です。吐き気がひどいと脱水症状になりますので、早めに病院で点滴を打ってもらってください。

胃もたれの対処法

◆すっきりミントティー・・・スペアミント50gと氷砂糖30粒くらいを入れて3Lのお湯でミントティーを作る。冷蔵庫で冷やしておいて飲むと、ちょっとした胃の不快感や胃のムカムカが良くなります。体が火照った時にもおすすめです。

◆乳製品を摂る・・・牛乳やヨーグルトを食事前に摂って胃を保護する。

◆蒸したものや煮物を摂る・・・水分をたくさん含んだものは、消化を早めますので、胃に負担がかからないようです。

◆カフェインのない飲料を摂る・・・コーヒーやお茶に含まれるカフェインは胃に負担がかかります。なるべくカフェインの少ないものを摂取してください。

お肉と一緒に摂りたい野菜

◆パイナップル・・・パイナップルに含まれる酵素はお肉の脂肪を分解してくれるとともに、食物繊維が胃に満腹感を与えるので食べ過ぎの防止にもなります。

◆大根・・・大根の酵素はパイナップルと同じ役割をします。大根おろしにすると効果が倍増します。辛みに含まれる抗酸化作用によって、代謝を高めて消化を促進する作用があります。また、脂質の消化酵素やたんぱく質の消化酵素など優れた酵素が多く含まれています。

◆キャベツ・・・胃腸薬でもおなじみの野菜です。ビタミンUが多く含まれ荒れた胃を修復する作用があります。熱に弱いため、生食がおすすめです。

◆レモン・・・レモン汁は、脂質を包み込み、胃腸での吸収せずに外へ排出してくれます。揚げ物にレモンを振って食べるのがおすすめです。


BBQお役立ち集へ戻る