バーベキューとは BBQレンタル東京店-

BBQレンタルTOPBBQお役立ち≫バーベキューとは

バーベキュー(BBQ)とは

BBQすすめ

言葉の由来

バーベキューとは、薪や炭などの火によって肉や魚、野菜などを料理すること。または調理方法のこと。言葉の由来は、スペイン語のbarbacoa(バルバッコア)で丸焼きの意味を持つ。

歴史について

豚や牛の比較的固い部位のお肉を低温で数時間~一日かけてじっくりと柔らかくなるまで焼き上げる調理方法のことをいいます。アメリカの南部では、豚を丸焼きにして食べる習慣ができ、野外で多くの人が集まって飲んだり食べたりしたことが『バーベキュー』と言われるようになったそうです。よくアメリカの映画で、動物を丸焼きにしている場面はありますが、これがBBQの由来になっているんですね。

調理の際は、煙やスモークの香りが多く出るため、専用の換気扇や煙突の設備が必要です。野外では、自宅や職場の庭や敷地内、河川敷、公園、キャンプ場などで行われます。このように野外で行われる調理や食事をすることを『バーベキュー』と呼ぶようになりました。アメリカでは、年に何回かBBQのコンテストがあります。日本でも近年日本BBQ協会という組織ができ、バーベキュー検定を受けることができます。アウトドア好きの方は、挑戦してみては・・・。

バーベキューの調理を行う人を『ピットマスター』といいます。

機材や方法について

BBQは様々な手法があります。ひとつの器具だけでも様々な用途や使い方によって、調理することができ、味にもバラエティーに富んでいます。

◆直火焼き・・・グリルの網にそのままお肉を置き、直火で加熱する。また、グリルの中の炭の量や、置く場所によって火力を調整する。

◆ロースト・・・塊の肉を遠火で均一にあぶっていく調理方法

◆遠火焼き・・・魚などを遠赤外線で焼くこと

◆串焼き・・・川魚などを串に刺して焼くこと

◆燻製・・・さくらなどの煙を出す木材を使って、煙の香りや風味をつける調理法

各国のバーベキュー事情について

日本のバーベキューといえば、どちらかというと炭焼きの焼肉に近い方法が一般的です。スーパーなどでお肉やしょうゆベースの焼肉のタレなどを調達して、炭火で焼く姿が多く見受けられます。また都心部や各地の中心部では特に、会社帰りや、休日に手軽にバーベキューができるケータリングスタイルのBBQが人気です。

アメリカでは、大きな塊のお肉や動物の丸焼きをじっくりと遠火で焼いて、BBQソース(ケチャップとウスターソース果実類やにんにく、しょうがなどを煮詰めて作ったソース)に付けて食べるのが一般的です。そのほかにもマスタードを使ったソースや、自前のソースのレシピにこだわって作っている家庭が多いようですが、市販の人気のソースもたくさん販売されています。また、北米では特にバーベキューは文化の一部で、地域や各家庭によって伝統があるようです。パーティーやイベント、家の一部を専用の設備にしているところもあるそうです。

また最近日本でも人気の、ブラジリアンBBQもヘルシーで健康志向の方に人気があります。味付けは岩塩のみ。大きな塊のお肉を専用の機械で回転させながら蒸し焼きにして焼きあげるので、余分な脂が落ち、肉本来の味が楽しめるそうです。オールドスタイルのBBQともいえます。

お隣の韓国でもBBQは人気です。知り合の人に教わったレシピでは、サムギョプサル(塩漬けの豚カルビ)やヤンニョムカルビ(味付け牛カルビ)などがメインで、にんにく焼き(ごま油の中にニンニクをいれてあげ焼きにするもの)もあります。日本の焼肉屋さんでもおなじみのメニューです。また、箸休めにナムル(もやし等の野菜)やキムチなどを食べるのが一般的。焼肉の本場韓国ならではのレシピですね。

モンゴリアンバーベキューも、世界各国で人気があります。いろいろな食材を鉄板で焼いて、お好みのソースに付けて食べるそうです。その昔チンギスハンの時代に広大なアジアを制圧する戦いの最中に生まれました。兵士たちは、戦場の地で手軽に栄養価の高い料理を摂取する必要があったため、野外で石などで台をつくり、その地でとれた野菜や動物を焼いて食べていたのが始まりとされています。

オーストラリアでは、ビーチや公園、自宅にも設備が整っていて、BBQはとても頻繁に行われています。オーストラリアのグルメはBBQといえるほど、まさに生活の一部となっている身近な存在なんです。オージービーフの王国ならではですね。鉄板の上で野菜やお肉を焼くのが一般的で、バービー(barbie)と言われているそうです。公共の公園に設置されたグリル等の設備は無料で、コインを入れると火が付くところもあるようです。便利でとても素晴らしいですね。


BBQお役立ち集へ戻る