バーベキューの際のマナーと注意点について-BBQレンタル東京店-

BBQレンタルTOPご利用案内≫BBQのマナーと注意について

BBQをする際のマナーと注意点

バーベキューは楽しい。友達や家族同僚などとグリルを囲んで、お肉を焼いたりすると、自然と笑顔も増え、会話も弾みますよね。いいことがたくさん。

でも、火をつかったり、ごみが出るので、処理を怠ってしまうと危険なことや、周りに迷惑がかかってしまうことも・・・。また、野外で行うので、思わぬ危険性もひそんでいます。そんな困ったことにならないように特に以下の点にご注意くださいね。

公園や河川敷は公共の場所です。ルールを守って楽しく今後もみんなが楽しくBBQできるよう、どうかご協力くださいませ。

夏場などは熱中症にご注意を

夏場は、野外の気温はかなり高くなります。炎天下のもと、長時間BBQを行うので、特に熱中症対策はしっかりと行ってくださいね。お子様がいらっしゃる方は、帽子を着用するなど、特に注意なさってください。

  • アルコール以外の水分の補給をまめにする。
  • 帽子の着用や、日傘、テントを張るなどをして、日差しの調整をしましょう。
  • クーラーBOXや氷を用意して、飲み物を冷やして体温の調整をできるようにする。なども重要です。
  • 急性アルコール中毒にご注意を

    BBQだと、どうしてもアルコールを飲みすぎてしまいがち、野外で飲むとついつい酔い加減が分からなくなってしますので、いつもよりちょっと控えめにした方が良さそうです。一緒にお楽しみの方も、お酒をすすめるのはほどほどに。野外では、水分の蒸発が激しいので、アルコール以外の水分を上手に摂ってくださいね。

    害虫にご注意を

    バーベキュー広場の多くは、公園や河川敷など自然がいっぱいの場所にあります。そんな環境では、自然が多い分害虫となる虫たちも多いです。中にはスズメバチのように、毒性をもった虫もいる場合がありますので、注意しましょう。

  • 長ズボンや長袖を着用する。
  • 虫よけスプレーや害虫防止のキャンドル、蚊取り線香などを焚く。
  • セッティング場所を、あまり茂みや草むらの中にしない。
  • やけどにご注意ください

    BBQコンロやグリルなどは、火を利用するものです。ふざけて遊んだり、バーベキュー以外の利用目的で使用することはお控えください。特に小さなお子様のいる方は、火気のある場所になるべく近づけないように注意してくださいね。

    食中毒にご注意ください

    夏場は特に気温がすぐに上がります。食材やドリンクが入っているクーラーBOXや、保冷バックの中の温度管理には気を付けましょう。中の保冷剤や氷が解けたりした場合は、補給を忘れずに。夏場は特に食材が傷みやすいので、保冷バックから取り出した食材などは、外に放置しないようにお気を付けください。

    BBQレンタル東京店では、食材の配送時は保冷バックに入れてお届けしており、配送時の温度管理にも注意を払っております。また、保健所の指導のもと、適切な方法でお肉や海鮮セットの仕込みを行っております。

    ごみの処分は適切に

    最近、ごみの不法投棄などが増えてきております。公園や河川敷の自然を守るためにもごみの処理や分別は適切に行ってくださいね。バーベキュー場によっては、現地でごみの処理ができないところも多くあります。当店の機材や食材のセットプランにはご利用の数だけごみの回収はついております。追加で単品でもごみ袋の回収を行っておりますので、どうか現地で捨ててきてしまうことの無いようにお願いします。

    騒音に注意ください

    野外ではとても解放感があり、アルコールを飲むと、気分が乗ってついつい大音量で音楽を流したり、大きな声で騒いだりしがちです。でも、ちょっと周りを見ることを忘れないでください。近隣が住宅街であったり、人の多く集まる場所では、不快に感じる方もいるかもしれません。特に住宅街に近いBBQ場は周りの住民の迷惑にならないよう、音楽のボリュームは小さめに、バーベキュー場によっては、音楽を流すこと自体禁止の場所もありますので、事前に必ず確認してくださいね。